しらすの「今日も大漁!!」

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧




初めて覚えたひらがな

ひらがなを徐々に覚えてもらいたいなあと50音図を貼ったり、おもちゃを買ったりしていましたが、ようやくその成果が現れ始めました。

しらすが初めて認識した文字は「お」。
「お」を見つけると必ず「オニのお」と教えてくれます。
私が「おにぎりのおだね」と言うと「ちがうよ。オニのおだよ。」と必ず訂正されます。

部屋に入ってある50音図の絵がおの欄にオニが描かれているのでそう頭にインプットされたらしいです。

絵本を読んであげてる「お」を見つけては喜びます。
「あ」も分かるみたいなので、今後興味を持って文字を覚えていってもらえたらと思います。

ちなみに英単語は「slow」
英語のの絵本に書かれていたので覚えました。
「slowはゆっくりだよ。」なんてしらすが言うもんだから、英語の勉強させようかな・・・・。
[PR]



by pukopukok | 2008-06-29 11:42 | 育児

幼稚園の見学その2

お友達と一緒にこの地域では一番人気の幼稚園に見学に行って来ました。

年中さんらしき園児が音楽に合わせて踊っていました。
大きな音が苦手なしらすは「こわい~」と私の手を引張って帰ろうとしましたが、何とか園舎の中へ。

説明をしてくる方はおらず、自由に見てはいいけれど、部屋の中には入らず、先生には話しかけないで質問は受付でとのこと。
さすが、黙ってても希望者が大勢入ってくるところは違いますね。

園庭が狭いものの、建物はきれいでプールが隣接しています。
何より給食なのがありがたい。

優先枠があるので年少から入るのはかなり厳しいです。
抽選で当たればラッキーかな。

ただ廊下とかほこりだらけなのが気になりました。
この指摘って違うお母さんから2年ほど前にも聞いたことがありました。
建物がせっかく新しいのにもったいないな。
[PR]



by pukopukok | 2008-06-24 23:40 | 幼稚園

幼稚園の見学その1

6月に入り早いところではもう幼稚園見学がスタート。
道で会うお母さん達とは必ずといっていいほど、幼稚園の話で盛り上がります。

この地域は若い世代が多く、幼稚園入園は激戦地区です。
人気のある幼稚園は兄妹枠、地域枠がありさらに抽選なので入れる確率はかなり低いのです。

自分自身が年中から通っていたせいか、しらすを年少からでなくてもいいのではないかと最近思い始め、あえて幼稚園ではなくT幼児園へ見学に行って来ました。

別の幼稚園では門をくぐっただけで「いやだ~怖い~」と泣いたしらすでしたが、始めこそ私の手をぎゅっと握って緊張した様子だったものの、知っているお友達の顔を見つけて安心したらしく私から離れお友達の輪の中にすーっと入っていきました。

この日は料理会ということでお部屋の中でピザ作り。
部屋が狭いので公園組と料理組の2グループに分かれます。
しらすは公園組に参加。
公園まではお友達と手をつないで向かいます。
しらすもちゃんと仲間に入れてもらって、仲良く歩いていました。
鬼ごっこや遊具で遊んだ後はまた、教室に歩いて戻ります。

お母さん手作りのエプロンと三角巾をつけて、小さい子達も料理開始です。
子ども達は生地を捏ね、野菜を包丁で順番に先生に切ったり楽しそう。

そうこうしている間に帰るタイミングを失い、昼食代を支払い、私までピザを頂くことに。
みんなでごはんを食べた後はリュックを背負って、先ほどの公園でお母さん達の迎えを待ちます。結局そのまま公園でお友達とずっと遊び続けたしらすでした。

あまりにも輪に溶け込んでいるので先生や他のお母さん達からもびっくりされたほどです。

以下、思いついたことをメモしておきます

魅力的なところ
異年齢の子と交流できる
水曜のみお弁当であとは給食
少人数なので先生の目が一人ひとりに行き届く
できるだけ外遊びをさせている
見守る保育が実践されている

気になるところ
園庭がなく教室が狭い
子どもの人数が少ない
距離が離れているので送り迎えが大変
子育てに熱い信念を持っているお母さん達が多く、すでにグループができあがっていた
[PR]



by pukopukok | 2008-06-23 23:31 | 幼稚園

スプーからの手紙

NHKの「おかあさんといっしょ」の番組出演は3歳になると応募できます。
逆に言えば3歳の1年しかチャンスはないわけで、かなり狭き門です。

しらすも4月で3歳になったことだし、試しに応募してみることにしました。
だめもとで、往復はがきもをまとめ買いして。

ところが何気なくポストを開けるとなんと、当選のハガキが届いていました!!
2回目の応募で当たるなんてなんて運のいいしらす。


あまりにうれしくてしらすの「スプーに会えるよ~」と伝えると「やだ」と嫌がられました。
そうなんです、しらすは着ぐるみや大きな音がでるところが苦手なんです。

できれば3歳後半で当たって欲しかったけど、そんなことも言っていられません。

収録まで1ヶ月をきりました。
さて、しらすは会場を逃げ出さずに出演できるでしょうか・・・・。
[PR]



by pukopukok | 2008-06-22 11:19 | 育児

バーベキュー

週末旦那のお友達家族とバーベキューをしてきました。

なんと今回は会社の敷地で器材も格安で借りれます!
プロパンなので火を熾す必要もなく鉄板が借りれるので鍋を準備する必要もありません。
e0089272_22115249.jpg


近くに住んでいる方達がいるので買出しから準備をすべてやっておいてくれて本当に助かりました。

4家族が集まり、子どもはしらすと双子の赤ちゃん。
男の人が多かったせいかしらすは完全に固まってしまい一言もしゃべりませんでした。
e0089272_22125926.jpg


普段肉はあまり食べないしらすですが、焼肉のたれにからんだ肉がおいしかったらしく、小声で「にく(ちょうだい)」と私に言っては何度もおかわりをしていました。

トントンと私の背中を叩いてウンチが出たことをそっと教えてくれたしらすがトイレに行く途中
「かれんちゃんのおしりをみんなにみせないで」
というのがかわいかったです。
まだまだ小さくて赤ちゃんぽいところがあるけれど、子どものプライドをちゃんと守ってあげないといけませんね。

後片付けが終わって芝生でパパとキャーキャーいいながらかけっこ。
「しらすちゃんってしゃべるんだ・・・」とみんなに驚かれていました。
e0089272_2213642.jpg

遊び疲れて帰りの電車で眠ってしまったしらすを駅から家までずっと抱っこをしてくれた夫としらすの姿を見て家族っていいなあと思いました。
[PR]



by pukopukok | 2008-06-15 21:57 | お出かけ

下駄箱

我が家は玄関が狭い上に靴が捨てられないものだから下駄箱には旦那と私の靴がぎっしり詰まってて、しらすの靴がほとんど入らない状態。
下駄箱に入らないため、玄関に乱雑に脱ぎ捨てられていることもしばしば。
支援センターとかに遊びに行くと、ちゃんとしらすも脱いだ靴を片付けられるのに、家で脱ぎっぱなしなのできっと使い勝手が悪いからなんだろうなとずっと気にしていました。

通販カタログを見ていたら子供用の靴箱が売っていて「買おうかどうか迷っている」ことを夫に伝えると「作れるよ。」との力強い一言。

キッチンセットに続く我が家のDIY第2弾としてしらすの靴いれを夫に作ってもらうことにしました。


e0089272_22491744.jpg


デザインはしらすの大好きなうさぎさん♪
e0089272_22502748.jpg

これで靴の後片付けもばっちりかな?
e0089272_22504945.jpg

[PR]



by pukopukok | 2008-06-14 22:44 | 育児

梅雨の日々

関東では早くも梅雨入り宣言が出ました。

「ママ~どこいく~?」
というのが朝の口癖のしらす。
予定もない雨の日は本当に困ります。

以前ならば車でショッピングセンターに行っていたのですが、おもちゃコーナーとアイス売り場にすぐ連れて行かれるのが目に見えるので、あまり2人では行かなくなりました。

毎日何かしら工作をしているしらすですが、一日部屋にいる日はもちません。
今日も朝から雨なので、『おとうさんスイッチ』を作ることにしました。

数字を覚えるのは早かったのですが、なかなか文字に興味を持たず困っていたので、これはかなりいいです。
箱にあいうえおを書いて貼ったら「ありのあ」とか「いぬのい」と言うようになりました。

e0089272_003258.jpg


作ったおもちゃで遊んでくれると、買ったおもちゃのようにキャラクターに惹かれて遊ぶのではなく、遊びそのものに興味を持ってくれている気がするのでなんだかうれしいです。
[PR]



by pukopukok | 2008-06-02 23:45 | 暮らし

綿菓子の力

e0089272_0201534.jpg
近くの公園で行われた子ども祭りに行って来ました。
いつも育児サークルの「チェッコリー」で会場を借りたりしているので、何人かのママと「ヨーヨー釣り」のお手伝いを兼ねて。
e0089272_0195620.jpg


手伝ったお駄賃として250円分の食券が出ました。

焼きそば100円 カキ氷100円といった良心的な価格なので、少し買い足せばかなり楽しめます。

始めこそ、あまりの人の多さに「かえる~」と泣き喚いたしらすでしたが、綿菓子を1本食べたら落ち着いて、「つぎなにたべる?」とお祭りを満喫していました。

そういえば先月も市民館で行われたお祭りでも「しろいの食べたい」といって綿菓子を買わされたな。
[PR]



by pukopukok | 2008-06-01 00:11 | 地域活動

5歳の娘しらすと1才の息子こはだについてあれやこれやと綴っています
by pukopukok
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
育児
暮らし
お出かけ
食べ物
習い事
地域活動
幼稚園
未分類